電話対応でお客様への接客でしてはいけないこと3選!

お客様が女性の場合は?

皆さんは電話業務を担当する際にしてしまった失敗などはありませんか。一つ間違えば相手を不愉快にしてしまいかねないことをお伝えします。まずは、電話に出たお客様が女性だった時によくしてしまうことが女性のことをお母様と呼んでしまうことです。もしかしたら娘さんかもしれ無いのに、言われた方は少し不機嫌になってしまうかもしれませんよね。できたら話したい相手との続柄を確認するか迂闊なことは言わないようにしましょう。

旦那様とご主人様、どっち?

皆さんはよく日常会話で旦那さんという言葉を口にしませんか。この旦那さんは電話を掛ける時に絶対に行ってはいけない言葉の一つになります。よく考えてみると分かるのですが、奥様の反対はご主人様になりますよね。ドラマを見ていても旦那様という言葉はお手伝いさんしか使いませんが、よく皆さん間違えてしまいます。いつもの癖で旦那様と言ってしまいたいところなのですが、電話の対応をするときにはそこを堪えてご主人様と言うようにしましょう。

相槌を打つタイミングを間違うな!!

皆さんは話を聞くときに相槌を打ちながら話を聞きますか、それとも真剣に聞き入ってしまう方でしょうか。電話では相槌が非常に重要なまなーとなります。しかしこの相槌がかなり厄介でして、相槌が少なすぎても話を聞いていないと言われますし多すぎても話を流しているように聞こえるとお叱りを頂戴することがあります。そのようなことにならないためにも、適度な相槌の打ち方を覚えてお客様に快適に過ごしていただけるように努力をしなければなりません。

従業員に労働条件を明示する就業規則は、職場に不可欠の存在ですが中小企業の多くが策定するには知識不足が否めません。そんな時は、豊富な専門知識を持つ社会保険労務士にアドバイスを求めつつ策定するのが最適です。

続きを読む

困った時の弁護士頼り!弁護士の活用シーン3選

交通事故時にはやっぱり弁護士が頼りになる

普通に生活をしているだけで、交通事故には巻き込まれてしまうこともありますよね。事故は向こうからやってくるといいます。こちらがいくら気をつけていても、結局巻き込まれてしまうケースも多いです。そんなときには、自分一人の力でトラブルを解決しようとしてはいけません!特に示談は自分一人でやってしまうと、後で困ったことになってしまうものです。交通事故に強い弁護士の先生を立てて、交渉を代理してもらうのがベストです。

離婚裁判は泥沼化する恐れもあるので

離婚裁判は、場合によっては泥沼化してしまうこともあります。その原因は、お互いに落ち着いて話し合いを持てないことに起因する場合が多いです。弁護士の先生を間に挟むことによって、離婚協議がスムーズに進むのでかなりオススメができます!離婚弁護士さんは、お互いの主張を聞いて、よりよい解決策を探ってくれます。法律的にどういった方法で離婚をするのが双方にとってダメージがないかをしっかり考えてくれるので、利用価値が高いのです。

相続時には専門知識が必要不可欠なので

相続が発生すると、いろいろと面倒な手続きが必要になります。相続することのできる財産の額が大きくなればなるほど、そして相続人の数が多くなればなるほど、トラブルになってしまう可能性が高まります。相続弁護士の方を一人入れるだけで、財産の振り分け議論も上手くいくようになります。土地や建物があれば換金をして、各相続人に配ったりもできますし、最悪裁判になっても適切に仕事をしてくれます。少しでも得をしたいなら、やはり弁護士さんを味方につけるのが理想です。

mikataは日本で始めての単独で加入出来る弁護士保険です。一般庶民にとっては日常生活の中で大きなトラブルに巻き込まれないことが一番いいのですが、もし何らかのトラブルに巻き込まれた時、弁護士を雇う費用が悩みの種です。このような時に、この弁護士保険に加入していると、金銭的な不安を和らげ気軽に専門家に相談できトラブルの解決につながります。

続きを読む