知っておきたい!自己破産のメリットとデメリット

自己破産のメリットとは?

自己破産、というとなんだか怖い印象ですが、借り入れで苦しんでいる場合にはありがたい制度ですので、心身を損なう前にまずは検討してみましょう。メリットは、なんといってもこれ以上借入金を返さなくていいことです。取り立てで精神的に苦しんでいた人に取っては本当に助かります。また、自己破産をすればこれ以上取り立てることができなくなるので、財産を差し押さえたりもされなくなります。強制執行などもされずにすみます。

もちろんデメリットも押さえておこう

もちろん、いいことばかりではなく、債務を返さなくてよくなるかわりに、ある程度のデメリットも覚悟しておかなければなりません。まずは今後何年か借り入れができなくなります。お金を貸すほうに取っても、返してくれない人に貸すのでは商売が成り立たないので、これは当たり前のことです。ただ、5年から10年など期間が決まっており、一生お金を借りられなくなる、というわけではありません。また、自己破産した人の氏名は官報に掲載されます。

自己破産してもやり直せる!

自己破産したことで何もかも失う、というのは間違いです。むしろ、自己破産しないことで家族によけいな迷惑や心配をかけたり、周囲の信頼を失ったりするほうがこわいことですので、早めに弁護士に相談し、しかるべき手続きをしてもらいましょう。何年か経てばいわゆるブラックリストからも外してもらえますし、生活を立て直しながら新しくやり直すことは十分可能なのです。法律の専門家に詳しく聞いて、メリットとデメリットを把握した上で決めましょう。

あくまで最終的な処置なので、安易に行うべきではありませんが、自己破産は人生において一回きりの制度ではなく、複数回行う事もできます。一度行うと7年間は行えませんが、それはあくまで再度の破産手続きを防ぐ期間です。期間が過ぎれば金融機関のデータからも破産情報は抹消されます。

続きを読む

大学卒業後の進路選択ー大学院へ行くメリット

就職か?進学か?卒業後の選択

大学の4年間はサークルやアルバイト、研究と充実した日々を送っても、卒業後に自分の学習したことが全く活かせないと、大学に入った意味がありませんよね?もしも自分の大学での研究にとても興味を持っていて継続したいなら、就職ではなく大学院へ進学するという選択もあります。大学院前期修士課程は2年間、後期博士課程は3年間大学で研究できます。それぞれ入学するためには、学部時代の4年間や修士の2年間に優秀な成績を残した人に限られますが、大学院進学には大きなメリットがあります!

国際デビューも夢じゃない?!

大学院とは学部での研究をさらに深めるところなので、日本で同じような研究をしている人がいない場合、海外の大学へ留学することもできます。大学に所属しているので、学校間の連携による交換留学制度を使うことができてとても便利!受け入れ先の大学も教授も決まっているので、自分で世界中の大学と教授を調べ上げる手間がかかりません。個人留学では考えられない厚宮です!留学中、日本の大学では休学扱いになりますが、海外の大学で得た単位は日本でも認められることがほとんどなので安心です!

横のつながりだけじゃない!縦のつながりも!

修士・博士課程では、ある特定の教授の下で研究を進めることになります。教授が良い人or教授と仲良くなると、その分野で様々に活躍している人を紹介してもらえたり、大学院修了後の就職のお世話をしてくれる場合もあります。また才能が認められると、大学に残って生徒を教えるかわりに、大学施設で研究もできる助教として雇ってくれるかもしれません。大学の4年間だけではなかなか分からない研究の奥深さを知ることのできる大学院は、後々きっと貴重な経験になりますよ。

通信制大学院は在宅でも勉強できる授業を行なっている大学院のことです。授業は自宅での教材を使用した授業やスクーリングによる授業などがあります。教材を使用した授業では、教材で学習した内容についての課題が与えられます。スクーリングでは、自宅での授業では学習することができなかった内容の授業を大学院で受けます。

続きを読む