クレジットカードは便利だけど、忘れちゃいけない大切なこと!

クレジットカードはとっても便利

クレジットカードの便利な点はなんといっても、現金が手元になくても商品を購入することができる点にありますよね。どうしてもほしい商品があるけれど、お給料日前で財布の中身が寂しい、そんな時でもクレジットカードが一枚あれば、気にせず購入することができるというメリットがあります。また、防犯上の理由からあまり多くのお金を持ち歩きたくない場合もクレジットカードは大活躍してくれます。そんなこんなで便利なクレジットカードですが、気をつけるべき点について考えてみましょう。

クレジットカードには限度額がある

特殊な場合を除いて、クレジットカードには限度額というものがあります。いくら使えるかということは、個々のカードで違いますが、基本的にその限度額の範囲内でしか商品を購入することができません。ですから、自分の欲しいものが限度額を越えていないかということを、常に意識しておく必要があります。また、限度額はある期間でどれだけの額使えるかということを決めたものですので、その期間内で自分がどれだけクレジットカードを利用したかということを常に把握しておく必要があります。

カードの支払いは期日までに行う

当然のことですが、クレジットカード会社への支払いは期日までに行うようにしましょう。クレジットカードは、支払いを消費者の代わりにクレジットカード会社が建て替えてくれるサービスです。ですから、消費者は一時的にクレジットカード会社に借金した状態にあります。借りたお金は期日までに返すのが社会の原則です。そして、もしも借りたお金をきちんと返さなければ、社会的な信用に傷がつきます。資本主義の社会では、お金は信用によって循環していますので、信用を落としてしまうことのデメリットはそれなりに考慮しておく必要があるのです。

決済代行とは、料金の収納を代わりに行うことです。有名な方法としてはクレジットカードや、コンビニでのバーコード決済、携帯の料金に加算する方法もあります。