電話対応でお客様への接客でしてはいけないこと3選!

お客様が女性の場合は?

皆さんは電話業務を担当する際にしてしまった失敗などはありませんか。一つ間違えば相手を不愉快にしてしまいかねないことをお伝えします。まずは、電話に出たお客様が女性だった時によくしてしまうことが女性のことをお母様と呼んでしまうことです。もしかしたら娘さんかもしれ無いのに、言われた方は少し不機嫌になってしまうかもしれませんよね。できたら話したい相手との続柄を確認するか迂闊なことは言わないようにしましょう。

旦那様とご主人様、どっち?

皆さんはよく日常会話で旦那さんという言葉を口にしませんか。この旦那さんは電話を掛ける時に絶対に行ってはいけない言葉の一つになります。よく考えてみると分かるのですが、奥様の反対はご主人様になりますよね。ドラマを見ていても旦那様という言葉はお手伝いさんしか使いませんが、よく皆さん間違えてしまいます。いつもの癖で旦那様と言ってしまいたいところなのですが、電話の対応をするときにはそこを堪えてご主人様と言うようにしましょう。

相槌を打つタイミングを間違うな!!

皆さんは話を聞くときに相槌を打ちながら話を聞きますか、それとも真剣に聞き入ってしまう方でしょうか。電話では相槌が非常に重要なまなーとなります。しかしこの相槌がかなり厄介でして、相槌が少なすぎても話を聞いていないと言われますし多すぎても話を流しているように聞こえるとお叱りを頂戴することがあります。そのようなことにならないためにも、適度な相槌の打ち方を覚えてお客様に快適に過ごしていただけるように努力をしなければなりません。

従業員に労働条件を明示する就業規則は、職場に不可欠の存在ですが中小企業の多くが策定するには知識不足が否めません。そんな時は、豊富な専門知識を持つ社会保険労務士にアドバイスを求めつつ策定するのが最適です。