弁護士ってかっこいい!でもどうやったらなれるの?

弁護士ってどんなひとたち?

弁護士ってかっこいいですよね!よくドラマや映画などで、裁判所でびしっと高級スーツを着こなして分厚い法律書を抱え、理路整然と答弁を行う姿って憧れます。でもそんな法律家の人たちのお仕事って、裁判だけなのでしょうか?無罪の人たちを救うことだけが彼らのお仕事?いいえ、そんなことはありません。弁護士と呼ばれる人たちのお仕事内容は、想像もつかないくらい多岐にわたるんです。たとえば特許の弁護士とも言われる弁理士業務を行うことも出来ますし、なんと税理士さんのお仕事を変わりにすることも出来るんです!

弁護士になるにはどうしたら良いの?

それではそんな弁護士になるにはどうしたら良いのでしょう?まず司法試験を受験し、それに合格しなければならないのですが受験資格が2つあります。1つは法科大学院課程を修了する方法、もうひとつは、司法試験予備試験という、別の試験に合格することです。司法試験は、5年以内であれば回数に制限なく受験することが可能です。この制度は旧課程から何度も変更されてますので、最新の制度がどうなっているか、受験の際には公式サイトなどから常に最新の情報をチェックしてくださいね。

司法試験に合格したら?

司法試験に合格したら、次に司法修習生として最高裁判所に任用されます。そして司法修習生考試をいう最終試験があり、これに合格してようやく弁護士として登録する資格を得るのです!そして晴れて弁護士登録したらすぐにお仕事が来るかと言うとそうでもありません。まずは弁護士事務所などに入社・入所して修行を積み、実務経験を重ねなければならないんです。そしてこれだけの難関試験でありながら、弁護士の数は実際の業務に対し余剰気味と言うデータもあります。弁護士になれたとしても、さらにその先も茨の道なんですね。

法的なトラブルに巻き込まれる危険性は誰にでも存在しているのでミカタに加入をして対策を講じておくと安心です。弁護士に依頼をする際の費用も気にしなくて良いので早期の解決を目指すことが可能になっています。資金の準備が出来ずに泣き寝入りしてしまう事態を避けたい場合には加入をしておく価値はあります。全国の法律事務所に対応していて便利です。

続きを読む

困った時の弁護士頼り!弁護士の活用シーン3選

交通事故時にはやっぱり弁護士が頼りになる

普通に生活をしているだけで、交通事故には巻き込まれてしまうこともありますよね。事故は向こうからやってくるといいます。こちらがいくら気をつけていても、結局巻き込まれてしまうケースも多いです。そんなときには、自分一人の力でトラブルを解決しようとしてはいけません!特に示談は自分一人でやってしまうと、後で困ったことになってしまうものです。交通事故に強い弁護士の先生を立てて、交渉を代理してもらうのがベストです。

離婚裁判は泥沼化する恐れもあるので

離婚裁判は、場合によっては泥沼化してしまうこともあります。その原因は、お互いに落ち着いて話し合いを持てないことに起因する場合が多いです。弁護士の先生を間に挟むことによって、離婚協議がスムーズに進むのでかなりオススメができます!離婚弁護士さんは、お互いの主張を聞いて、よりよい解決策を探ってくれます。法律的にどういった方法で離婚をするのが双方にとってダメージがないかをしっかり考えてくれるので、利用価値が高いのです。

相続時には専門知識が必要不可欠なので

相続が発生すると、いろいろと面倒な手続きが必要になります。相続することのできる財産の額が大きくなればなるほど、そして相続人の数が多くなればなるほど、トラブルになってしまう可能性が高まります。相続弁護士の方を一人入れるだけで、財産の振り分け議論も上手くいくようになります。土地や建物があれば換金をして、各相続人に配ったりもできますし、最悪裁判になっても適切に仕事をしてくれます。少しでも得をしたいなら、やはり弁護士さんを味方につけるのが理想です。

mikataは日本で始めての単独で加入出来る弁護士保険です。一般庶民にとっては日常生活の中で大きなトラブルに巻き込まれないことが一番いいのですが、もし何らかのトラブルに巻き込まれた時、弁護士を雇う費用が悩みの種です。このような時に、この弁護士保険に加入していると、金銭的な不安を和らげ気軽に専門家に相談できトラブルの解決につながります。

続きを読む