電話対応でお客様への接客でしてはいけないこと3選!

お客様が女性の場合は?

皆さんは電話業務を担当する際にしてしまった失敗などはありませんか。一つ間違えば相手を不愉快にしてしまいかねないことをお伝えします。まずは、電話に出たお客様が女性だった時によくしてしまうことが女性のことをお母様と呼んでしまうことです。もしかしたら娘さんかもしれ無いのに、言われた方は少し不機嫌になってしまうかもしれませんよね。できたら話したい相手との続柄を確認するか迂闊なことは言わないようにしましょう。

旦那様とご主人様、どっち?

皆さんはよく日常会話で旦那さんという言葉を口にしませんか。この旦那さんは電話を掛ける時に絶対に行ってはいけない言葉の一つになります。よく考えてみると分かるのですが、奥様の反対はご主人様になりますよね。ドラマを見ていても旦那様という言葉はお手伝いさんしか使いませんが、よく皆さん間違えてしまいます。いつもの癖で旦那様と言ってしまいたいところなのですが、電話の対応をするときにはそこを堪えてご主人様と言うようにしましょう。

相槌を打つタイミングを間違うな!!

皆さんは話を聞くときに相槌を打ちながら話を聞きますか、それとも真剣に聞き入ってしまう方でしょうか。電話では相槌が非常に重要なまなーとなります。しかしこの相槌がかなり厄介でして、相槌が少なすぎても話を聞いていないと言われますし多すぎても話を流しているように聞こえるとお叱りを頂戴することがあります。そのようなことにならないためにも、適度な相槌の打ち方を覚えてお客様に快適に過ごしていただけるように努力をしなければなりません。

従業員に労働条件を明示する就業規則は、職場に不可欠の存在ですが中小企業の多くが策定するには知識不足が否めません。そんな時は、豊富な専門知識を持つ社会保険労務士にアドバイスを求めつつ策定するのが最適です。

続きを読む

火災保険って難しそうで、どれを選んでいいか迷っていませんか?

まずは何が必要かを考える。

火災保険っていろいろな保険会社の物があってどれを選んでいいのか分らなくなっちゃいますよね。そんな時は自分には何が必要なのかを考えるとおのずと絞られてきます。まず最初に一戸建てですか、マンションですか、これが第一の選択肢です。そして、意外と知らないのが火災保険は火災だけを保障するものではないんですよ。自然災害(台風、落雷)、水漏れ、盗難、水災、破損などなど多岐に渡りあなたの新居に必要なものだけを選ぶことで適正な料金の保険を選ぶことが可能です。

パック料金に惑わされないで!

火災保険を調べたり、資料を取り寄せたりするとそこに必ずあるのが、様々な補償がセットされているパッケージ型の火災保険が多くマンション住宅には全く必要の無いと思われる保障などについても火災保険セットに組み込まれているということがよくあります。よく吟味せずに安易にパッケージ型の物を契約してしまうと、必要のない補償に多額の保険料金を支払うことになってしまいます。ただし、パッケージ内容がうまくはまっていれば割安価格での契約も可能となりますので、まずはよく内容を見比べてみることが必要です。

具体的に必要の無いものってどんなもの?

何が必要で、何が不必要かは人それぞれ違ってきます。例えば、水災保険などの床上浸水などをカバーする補償内容の場合、マンションの5階に入居するならば必要ないですよね、逆に一戸建てで土地が海抜より低い地域や川や池が近くにあったり、過去に洪水を起こしている場合は必要といえるでしょう。また、水漏れなどは新築マンションなどでは、10年間は保証が付いていたりすることもありますので、その様な場合は必要ないでしょう。でも、これらを全部自分で判断するのは非常に面倒ですし、難しいので保険会社の代理店だけに話を聞かずに最近ではどの保険会社にも所属していない保険アドバイザーなどのフィナンシャルプランナーなどに相談してみるとあなたにあったアドバイスをしてもらえますよ。

火災保険とは損害保険の一つで、火災、落雷、爆発、雪災、盗難、水漏れ、落下、水害の時に補償してくれます。実際のところ、火災や落雷にあう人はそんなにいませんが、心配な人は入った方が良いでしょう。過去に盗難にあって心配な人も入っていて損は無いと思います。また、雪災を補償してくれるので、大雪が降る地域の人は入った方が良いでしょう。

続きを読む